スタッフインタビューSTAFF INTERVIEW

次世代のモノづくり
その一翼を担う

01
大阪部門 システムエンジニア今村 秀幸

スキップショットとの出会い

専門学校でプログラミングコースを受講し、プログラミング言語のC言語を学びました。身の回りで扱う家電などの機器開発を仕事にしたいと考え、組み込み系開発に特化したスキップショットに入社しました。
今年で10年目を迎え、東京・広島を経て、現在は大阪で開発の仕事に携わっています。お客さまのもとに常駐し、設計からプログラミング、テストに至るまで1つの製品開発の工程を一通り任せてもらっています。

働く私の姿

これまでお客さまのもとへは先輩と一緒に行くことが多かったのですが、大阪には一人で赴き、同じ場所に腰を据えて開発を続けています。一人ということに不安を感じることもありますが、考え方を変えると、これは仕事を任せてもらっているということ。今後、新しい環境や一人で取り組まなければならない状況に直面しても、臆することなく仕事をやっていけるという自信に繋がっています。システム開発の仕事は、個人の役割がとても重要になるため「やってやるぞ!」と力も入ります。
今後も、様々な製品にコンピュータが搭載されていきます。私たちはその開発の一端を担っており、モノづくりをしているという実感をより一層持つことができます。それこそが、この仕事の魅力でありやりがいではないでしょうか。

これからの私、未来のエンジニアへ

責任のある仕事を
任せてもらえる会社!

現在私がいる大阪をもっと盛り上げていきたいと思います。
「組み込み系開発」といっても、あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、ぜひ一度、調べてみてください。きっとこの素敵な世界に飛び込みたくなるに違いありません。大きな会社で埋もれていくよりも、責任のある仕事を任せてもらえる会社で働きたい、という人に向いていると思います。

↑