スタッフインタビューSTAFF INTERVIEW

失敗を恐れない
その先に答えがある

03
広島部門 システムエンジニア山中 良太

スキップショットとの出会い

純粋にプログラムと向き合えると思ったことが志望動機です。実は私は商業高校の出身者。まるで違う分野への就職となりました。
IT業界の中でも組み込み系エンジニアというのは、ハードルが高く感じられるかもしれませんが、特別な知識やスキルはそれほど必要ありません。それらは入社して業務に慣れていくうちに自然と身に付くものだと思います。誰かが理解できたことは自分にだって理解できるはず。そうであれば自分に理解できないことはそんなにないはずだ、とポジティブに考えています。

働く私の姿

入社して5年間は広島で組み込みLinuxをメインとした開発業務に携わってきました。現在は、ドライバソフトの開発業務に取り組んでいます。ドライバソフトを簡単に説明すると、A社の部品にB社の部品を接続して、部品同士のやり取りをさせるソフトのことです。
私たちの仕事は、「何も起きないこと」が最重要課題です。つまり、開発したシステム・ソフトフェアに不具合が生じないことが大前提。試行錯誤を繰り返し、少しずつ前に進んでいく。そんな経験を幾度となく積み重ねると、ふと目の前の霧が晴れるように、直感的に問題点や解決策が頭に浮かぶことがあります。自分が成長した証であるとともに、これまで自分が何一つ本質を理解していなかったと自覚する瞬間です。これからも足元を踏み固めながら、一歩ずつ着実に歩んで行きたいと思います。

これからの私、未来のエンジニアへ

自分の判断力を信じて、
新たな分野へ!

今後は営業活動もしてみたいなという気持ちもあります。商業高校出身が役に…立たないかもしれないですね。(笑)弊社は、他社と比べて定型業務が少ないことが魅力ではないでしょうか。自分の判断力を信じて、新たな分野へ、仕事へ、これからも挑戦していきたいと思います。
「プログラムを学んでいないから知識はないけど、興味はある」というに方も、ぜひチャレンジしてもらいたいと思います。

↑